MENU
プロフィール背景画像
運営元
このサイトは「最も身近なマーケティング会社」を目指す、MONOLISIX(モノリシックス)株式会社が運営しております。

弊社はGoogleの地図検索やホームページ、YouTubeを使ったインターネット集客に特化したサービスを個人事業主の方から上場企業まで幅広く提供しているマーケティング会社です。

弊社で培った知識や経験を、インターネット集客にお困りの方が、実践・運用ができるように情報発信を行っております。

MEO対策は自分でできる!新規集客につながるポイントをわかりやすく解説

URLをコピーする
URLをコピーしました!

今、Googleでお店を検索すると、検索結果ページにお店情報が表示されますよね。

この店舗情報を『Googleビジネスプロフィール(GBP)』と言うのですが、このGBP、店舗情報を正確に伝えること以外にも重要な目的があります。

それは、「地名+カフェ」「地名+美容院」といった間接的なキーワードでお店を見つけてもらうこと。Googleで検索すると3軒ほどの店舗情報がピックアップされますが、そこに載るかどうかはGBPの充実度も関係しているのです。

さて、Googleにピックアップされるよう工夫することを、「MEO対策」と言います。

簡単に言うと、狙いたいキーワードに対してGBPを充実させていく作業。

プロに依頼することもできますが、ある程度は自分でもできますよ。

今回はカフェを事例にして、自分でできるMEO対策についてお伝えします!

目次

MEO対策とは?

MEOとはMap Engine Optimization(マップ エンジン オプティマイゼーション)の略で、日本語に訳すと「マップエンジンの最適化」。

GBPの情報(Goodgle Mapに載せる情報)を最適化することで、「渋谷 カフェ」といった間接的なキーワードでお店を見つけてもらうことを目指すWebマーケティング手法です。

関連記事

あわせて読みたい
MEO対策とは?|Googleマップを活用して店舗集客を強化する方法
MEO対策とは?|Googleマップを活用して店舗集客を強化する方法SEOは聞いたことあるけどMEOは聞いたことがないよという人も多いと思います。MEO対策(エムイーオー対策)とは「渋谷 カフェ」といったローカル検索でお店を見つけても...

MEO対策は自分でできる!

MEO対策は、狙いたいキーワードに対してGBPを充実させていく作業。
店舗情報を正確に丁寧に掲載することが基本なので、お店の人が自分で対策することもできます。

自分で対策するメリット・デメリットを解説します。

自分で対策するメリット

自分で対策するメリットは、なんといっても「費用」です。

MEO対策を外注すると当然費用が発生しますが、自分でやれば支出は0円。GBPは登録費用がかからないので、完全無料でできるWebマーケティングになります。

自分で対策するデメリット

自分で対策するデメリットは、「時間」と「知識」です。

GBPは入力項目も多いですし、クチコミに返信したり、告知の投稿をしたりするほうがより効果的…となると、かなり時間が取られます。

弊社はMEO対策を請け負っていますが、「対策している時間がない!」という理由でのご依頼はとても多いです。

また、きちんと調べないと「良かれと思って試したことが実はGoodgleの規約違反で、検索結果に表示されなくなってしまった!」という事態になるリスクもあります。

例えば、「カフェ◎◎(4/1移転オープン)」といったビジネス名(店名)。お客様のためになる名案に思えますが、店名以外の追加情報を入れるのは規約違反なんです。

集客したいキーワードの決め方

時間もあるし、規約も調べて自分でやってみよう!と思ったら、いよいよ対策開始。

ジャンルや営業時間や定休日などの基本情報をひととおり整えたら、一番重要な「キーワード選定」の段階です。

「東京 カフェ」のように検索される数が多いキーワードを「ビッグキーワード」、「新宿駅 カフェ おしゃれ」のように検索される数が少ないキーワードを「スモールキーワード」と言います。

おそらく多くの方は、ビッグキーワードで対策したいと考えるはずです。
「東京 カフェで検索してトップに出るような店にしたい!」という目標はもちろん間違っていませんが、MEO対策としてはおすすめできません……。

なぜかというと、理由は2つです。

まずは、ビッグキーワードはそもそも順位が取りづらいということ。
検索数が多いぶん、ライバルもたくさんいるからです。

そしてもうひとつが、「アクション数」との関係。

こちらのグラフをご覧ください。

緑のグラフは、検索したあと、来店や電話といったアクションを起こした数を示しています。

ご覧のように、ビッグキーワードで検索したあとにアクションしている人は少ないのです。
ビッグキーワードを検索するお客様は「東京にいいカフェあるかな~」くらいの心境です。
検索している場所は、自宅のベッドの中かもしれません。

逆にスモールキーワードを検索するお客様は「このエリアでこんなカフェにいきたい」とイメージが明確で、今まさに行こうとしているタイミングである確率も高いので、アクションに繋がりやすいのです。

つまり、必ずしも検索数が多いから良いというわけではないのです。

弊社でもお客様のために対策キーワードを選定する場合は、このスモールキーワードをおすすめしています。

MEO対策にあたって、注力すべきポイント

一番重要なキーワードの決めたら、あとはGBPの「ビジネス説明」や「投稿」などにそのキーワードを入れて最適化していくのですが、効果を上げるためのポイントがあります。

それが、「カテゴリ」と「クチコミ」です。

カテゴリ

GBPでは、カテゴリを正しく選択しないと上位に表示されるのが難しいです。

カテゴリなんて簡単!と思うかもしれませんが、GBPのカテゴリはかなり細分化されていて、カフェだけでも、「カフェテリア」「カフェ・喫茶」「ドッグカフェ」「コスプレカフェ」「チョコレートカフェ」「インターネットカフェ」と数多くあります。

例えば、「新宿駅 ドッグカフェ おすすめ」というキーワードを狙うドッグカフェのカテゴリが「カフェテリア」になっていたら……?

キーワードに沿った対策をどんなにがんばっても、「ドッグカフェ」の検索で出にくくなってしまうということです。

クチコミ

クチコミはお客様が書くものなので、お店ではコントロールできません。

だからこそ、Googleもクチコミを重視し、「高評価のクチコミがたくさんあるのはいい店」を判断します。

しかし、お店に何もできないわけではありません。

まずは、お店にポップを置くなどしてお客様にクチコミ入力を促すこと。ポップを見てクチコミを書いてくれる人がいれば、置かないよりも数は増えます。

そして、お店からのお客様への「クチコミへの返信」も順位を上げるポイントのひとつ。
これはお店でできることなので、クチコミが入ったときは必ず返信するようにしましょう。

まとめ

自分でどこまでMEO対策できそうか、道筋は見えてきましたか?

繰り返しますが、MEO対策で一番重要なのはキーワードの決め方です。
ビッグキーワードばかり選んでしまうと成果を出すのに相当な時間と労力がかかってしまうので、注意してくださいね。

時間的に厳しい、とにかく早く成果を出したい、という方は、外注もありです。

MEOは他のマーケティング手法に比べると外注費も安いのが特徴。
例えば弊社の場合は成果報酬型で、毎月のお支払い額は最低0円、最大34,100万円(税込み)です。

関連記事

あわせて読みたい
【まとめ】Google ビジネス プロフィール(旧:Googleマイビジネス)「投稿」機能を完全攻略
【まとめ】Google ビジネス プロフィール(旧:Googleマイビジネス)「投稿」機能を完全攻略2017年夏にGoogle ビジネス プロフィール(旧:Googleマイビジネス)の新機能としてリリースされた「投稿」機能。大変ご好評いただいている機能でして、Googleはどんど...
あわせて読みたい
無料でできるホームページ!Google ビジネス プロフィール(旧:Googleマイビジネス)のウェブサイト機...
無料でできるホームページ!Google ビジネス プロフィール(旧:Googleマイビジネス)のウェブサイト機...お店のホームページが欲しいけど、作るのは難しい!依頼するのは高い!と思っている方も多いと思います。でも実は、Google ビジネス プロフィール(旧:Googleマイビジ...
あわせて読みたい
無料でできる集客術!Google ビジネス プロフィール(旧:Googleマイビジネス)の活用方法
無料でできる集客術!Google ビジネス プロフィール(旧:Googleマイビジネス)の活用方法スマホでお店を探すGoogleのCM、よく見かけますよね。あんなふうに検索する人、実際にとても多いんです。つまり、検索で出てくることが集客の大前提。さらに、検索で魅...
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる